読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rubellum fly light

ほぼPHP日記

今日からVimmer!

Vim、それは選ばれし者の指で膨らむ奇跡のエディタ
ある者は清浄のエディタを咲かせ、ある者は毒のエディタを咲かせる
大エディタ時代、美しさを競いあう二つのエディタ
その名をVimEmacsといった...

MacVimをインストールした。
quickrun, neocomplcache, surround.vim ... などなどのプラグインが気になってたので。
普段はemacsを使っているが、ここ一週間はVimで落ち着いている。

MacVim インストール

ここからダウンロードして、インストール。
GUIの方を使ってみるみる。

Vimキーバインドには、しばしば<leader>というのが出てくる。
これはMacVimでは\(バックスラッシュ)に割り当てられている。
バックスラッシュは「Option(alt)+¥」で入力するのだが、これはちょっと面倒くさい。
なので、キー入力のマッピングの方を「¥」から「\」に変えることにした。
あとescを入力するのに小指を伸ばすのがちょっと億劫だったので、escを右⌘(Command)にもした。

キーのリマップにはKeyRemap4MacBookを使った。
以下の項目を変更。

  • JIS (¥) to Backslash(\)
  • Command_R to Escape

問題があるようなら対策を考える。
「お兄ちゃんは¥に縁がないから大丈夫だよ」「やかましい」

Vundle インストール

git cloneするだけ。簡単すぎて笑った。
(追記:インストールしたあとに知ったのだが、NeoBundleというのもあるらしい)

$ git clone https://github.com/gmarik/vundle.git ~/.vim/bundle/vundle

「.vimrc」にVundleの設定を追加する。

set nocompatible
filetype off

set rtp+=~/.vim/bundle/vundle/
call vundle#rc()

" ここにプラグインを列挙
" Bundle 'Shougo/necomplcache'  # 後述

filetype plugin indent on

プラグインのインストール

BundlerではGemfileにgem群を書く。
Vundleでは「.vimrc」にプラグインを列挙していく。
とりあえず「neocomplcache」「unite.vim」「vim-ref.vim」「vim-quickrun.vim」「surround.vim」をインストールしてみた。

" ここにプラグインを列挙
Bundle 'Shougo/necomplcache'
Bundle 'Shougo/unite.vim'
Bundle 'thinca/vim-ref'
Bundle 'thinca/vim-quickrun'
Bundle 'surround.vim'

設定ファイルにプラグインを列挙した後、「:BundleInstall」することでインストールが始まります(一度Vimを閉じる必要があるかも?)。
インストールが完了すると、Done!と出ます。Done!

neocomplcacheの設定として「.vimrc」に以下を追加。
設定の詳細についてはhttp://vim-users.jp/2010/10/hack177/をみるといいみたいですよ。

let g:neocomplcache_enable_at_startup = 1  # 起動時に有効化
let g:neocomplcache_enable_smart_case = 1
let g:neocomplcache_enable_camel_case_completion = 1
let g:neocomplcache_enable_underbar_completion = 1
let g:neocomplcache_min_syntax_length = 3

colorscheme - 色、テーマ

色が味気ないので「molokai」というテーマをインストールしました。
これもVundleからできます。Vundle万歳!

「.vimrc」

Bundle 'tomasr/molokai'

Vim上で「:BundleInstall」。

「.gvimrc」に設定追加。

" molokai theme
set background=dark
colorscheme molokai

vimshell インストール

vimshell、そんなものもあるのか。

ついでにvimshellをインストールしてみた。
vimshellはVim上でシェルできちゃうというもの。Vimはエディタです。
vimshellを動かすのにvimprocが必要になるのでそちらもインストール。
vimprocは、BundleInstall後に別途makeする必要があります。

「.vimrc」に追加。

Bundle 'Shougo/vimproc'
Bundle 'Shougo/vimshell'

Vim上で「:BundleInstall」。

次にvimprocをmake。

$ cd ~/.vim/bundle/vimproc
$ make -f make_mac  # MacVim!

これでインストールが完了。
vim上で「:VimShell」するとシェルが立ち上がります。

その他設定

ちょっと触ってみて気になるところを変えてみた。

「.vimrc」

set number       # 行番号
set nobackup     # バックアップファイル作らない
set smartindent  # スマートインデント
set tabstop=4    # タブ関連
set shiftwidth=4 # 
set expandtab    # タブをスペースで

「.gvimrc」

set guifontwide=Monaco:h12  # フォント
set guifont=Monaco:h12

set lines=45    # 縦幅
set columns=80  # 横幅

set guioptions-=T  # ツールバー隠す

感想

GitHubとか使っちゃうあたり、Vundleから"モダン"な雰囲気が漂っています。
NeoBundle(作者はShougoさん)なるものもあるらしいので、そっちも試してみようかなぁなんて思っています。

quickrunがすごく便利でした。
ちょっとしたスクリプトを書く→実行って流れが、シェルに戻らずできるの良い。
そういえば、vim-quickrunでRubyのラムダ構文を実行したら謎のエラーが出た。

->(x) { x + 1 }.call(1)

これを実行すると、

/var/folders/nh/nhUeVY1YF70ejCARqfMkJ++++TI/-Tmp-/vRvtnds/2:1: syntax error, unexpected '>'
->(x) { x + 1 }.call(1)
  ^
/var/folders/nh/nhUeVY1YF70ejCARqfMkJ++++TI/-Tmp-/vRvtnds/2:1: syntax error, unexpected '{', expecting $end
->(x) { x + 1 }.call(1)

となる。
自分の環境のせいかもしれないのと、quickrunがどんな風にプログラムをしてるのかなどよくわかってないので、あとでちゃんと原因を調べてみるみる。

Vim楽しいね!
(強制まとめ)

いちおう

最終的な設定ファイル。
.vimrc

set nocompatible
filetype off

set rtp+=~/.vim/vundle.git/
call vundle#rc()

Bundle 'Shougo/neocomplcache'
Bundle 'Shougo/unite.vim'
Bundle 'thinca/vim-ref'
Bundle 'thinca/vim-quickrun'
Bundle 'gtags.vim'
Bundle 'surround.vim'
Bundle 'Shougo/vimproc'
Bundle 'Shougo/vimshell'
Bundle 'TwitVim'
Bundle 'altercation/vim-colors-solarized'
Bundle 'tomasr/molokai'

filetype plugin indent on

set number
set nobackup
set smartindent
set tabstop=4
set shiftwidth=4
set expandtab

let g:neocomplcache_enable_at_startup = 1
let g:neocomplcache_enable_smart_case = 1
let g:neocomplcache_enable_camel_case_completion = 1
let g:neocomplcache_enable_underbar_completion = 1
let g:neocomplcache_min_syntax_length = 3

imap <C-k> <Plug>(neocomplcache_snippets_expand)  # snippets的な何からしい
smap <C-k> <Plug>(neocomplcache_snippets_expand)

set splitbelow
set splitright

let $PATH=$HOME."/dmd2/osx/bin:".$PATH  # quickrun - D lang

.gvimrc

set guifontwide=Monaco:h12  # フォント
set guifont=Monaco:h12

set showtabline=2

set lines=45
set columns=80

set guioptions-=T  # ツールバー消す

set background=dark
colorscheme molokai